平成24年度ダム工事技術者研修 実施要領

                        共催  財 団  法 人 日 本 ダ ム 協 会
                           一般財団法人 全国建設研修センター
                        後援 国   土   交   通   省
                                全国知事会・全国市長会・全国町村会

1.目   的
  本研修は設計から施工までの実践的なプログラムを体系的に組んでおり、ダム工事技術者と
 しての総合力形成と提案力育成をめざす。ダム事業最前線で活躍する講師陣が、少人数制で分
 かりやすい講義を短期間で集中的に行う。「グループ演習・討議」や「ゼミナール」では知識
 定着及び相互啓発を図り、学習成果の応用発展を期する。

2.対 象 者
  @ 建設会社等においてダム工事に従事する中堅技術職員であって、大学(土木系)卒業後5
   年以上、又は高校(土木系)卒業後7年以上経過し、そのうちダム工事の施工に関する現場
   実務経験3年以上の者で1級土木施工管理技士、又はこれと同等程度の資格を有すると認
   められる者。
  A コンサルタント会社等においてダムに関わる技術業務に関し、@と同等程度と認められ
   る業務経験を有する技術職員。   
  B 地方公共団体、水資源機構等の行政関係の職員でダム工事の施工に関して、@と同等程
   度と認められる業務経験を有する職員。

3.募集人数    30名

4.研修期間    平成25年 1月17日(木)〜 1月 23日(水)7日間 全寮制

5.申込締切期日   平成24年12月14日(金)まで

6.教科目及び講師  別紙 時間割のとおり

7.申 込 先
  ・建設会社等の者(対象者@)
   財団法人 日本ダム協会 研修係宛
  〒104−0061 東京都中央区銀座二丁目14番2号 銀座GTビル TEL 03-3545-8361戟@
               ※別紙−(1)、別紙−(2)の申込用紙による。    FAX 03-3545-5055

  ・上記以外の者(対象者A、B)
   一般財団法人 全国建設研修センター 研修局宛
  〒187-8540 東京都小平市喜平町2−1−2          TEL 042-324-5315戟@
                ※別紙−(1)、別紙−(2)の申込用紙による。    FAX 042-322-5296

   ※ 上記申込用紙(ワードファイル)をダウンロードして記入し、送付してください。
     
公益社団法人 土木学会の継続教育(CPD)認定プログラム
一般社団法人 建設コンサルタンツ協会の継続教育(CPD)認定プログラム 
一般社団法人 全国土木施工管理技士会連合会の継続教育(CPDS)認定プログラム
8.研修場所及び交通機関  (1)  研修場所     一般財団法人 全国建設研修センター 研修会館     〒187-8540 東京都小平市喜平町2-1-2 TEL 042-324-5315 FAX 042-322-5296  (2)  交通機関  (JR) 中央線「国分寺」駅乗換      (私鉄) 西武多摩湖線「一橋学園」駅下車 徒歩8分 下記案内図のとおり 9.集合日時及び場所   平成25年 1月17日(木) 10時30分までに研修会館にご集合ください。   ※前日宿泊を希望される方は、21時までにご入館ください。 10.研修経費   (1)研修生1人当たり      ・建設会社等の者(対象者@) 合計額   170,250円(消費税を含む)          内訳  研修会費 144,000 円(テキスト代等を含む)            宿 泊 費 17,400 円(6泊分)      食  費  8,850 円(1/17 昼食〜1/23昼食)           ※食費分については、研修センターから期間中にお渡しいたします。          ※前日(1月16日)宿泊をされる場合、宿泊代は上記研修経費に含まれていません。           宿泊費1泊2,900円を当日、全国建設研修センターへ納入願います。           1月17日の朝食代は別途必要です。      ・上記以外の者(対象者A、B) 合計額  161,400円(消費税を含む)        内訳  研修会費 144,000 円(テキスト代等を含む)            宿 泊 費 17,400 円(6泊分)          ※食費は含まれていません。          ※前日(1月16日)宿泊をされる場合は、1泊分2,900円追加となります。                         (注) 食事は、研修会館内の食堂を利用した場合、1日当たり1,400円です。          (但し、土、日は休みです。定食:朝400円、昼450円、夕550円)   (2)全国建設研修会館への往復旅費は上記経費に含まれていません。 11.研修経費納入先    振 込 先       ・建設会社等の者(対象者@)       みずほ銀行 築地支店 普通預金 No.1426905       財団法人 日 本 ダ ム 協 会     受講通知書到着後にお振り込みください。                          振込手数料は、ご負担ください。                           ・上記以外の者(対象者A、B)       三菱東京UFJ銀行 新宿支店 普通預金 No.0000316          ザイ)  ゼンコクケンセツケンシュウセンター       一般財団法人 全国建設研修センター  受講通知書到着後にお振り込みください。             フジタ コウゾウ        振込手数料は、ご負担ください。        理事長  藤田 耕三        なお、当日持参も可能です。 12.宿泊所 一般財団法人 全国建設研修センター 研修会館     ・持参品の事前送付可(「ダム工事技術者研修」と明記) 13.その他   ・ご持参いただくもの(筆記用具、電卓、定規、健康保険証又は共済組合員証、印鑑、洗面    具、タオル類、スリッパ等の室内履き、着替え等)   ・研修会館に備わっているもの(浴衣、洗濯機、乾燥機、洗濯洗剤、石けん、シャンプー、    ドライヤー)   ・研修受講中の服装及び履物は、研修にふさわしい常識的なものを着用して下さい。   ・駐車場はありませんので、自家用車でのご来場はご遠慮ください。   ・研修期間中、派遣者等から研修生に連絡する場合(講義中の電話の取次ぎは原則としてい    たしません。) 緊急やむを得ないもの以外は講義時間外にお願いします。


                研修生の皆さんへ

  ゼミナールは、本研修の内容に関する技術的事項で皆様が実務を通して持っていら
 っしゃる問題点、疑問点等について質疑応答しますので、あらかじめ書面(A4タテ)
 で研修センター宛までご送付ください。 送付期限 平成25年1月10日(木)必着
  なお、質問内容については書面のみで内容が分かるように具体的に記してください。
  必要に応じ適宜、写真、図表、データなどは電子データで各自ご持参下さい。
  グループ討議により、パワーポイントで全体討議用資料を最終日のゼミナール用に作成
  していただきます。後日、作業スケジュールをメール送付いたします。
  なお、研修生用のスキャナーはありませんので、あらかじめご承知願います。
  また、講義全般にわたるような質問は時間の関係がありますので避けてください。

 送付先 一般財団法人 全国建設研修センター 研修局 ダム工事技術者研修担当 市川宛
      〒187-8540 東京都小平市喜平町 2-1-2
    TEL 042-324-5315  FAX 042-322-5296 メールアドレス ichikawa-yukio@jctc.jp





メインメニューへ