ホタルの幼虫や魚の住み易い川底や護岸を作り、
ダムから適度の水を流してホタルの飛び交う  
河川ができました。             




 図-1 ホタル護岸の概要説明図
一の坂ダムにより洪水時の氾濫が防がれ、四季を通じてホタルや川魚が住みやすい環境が守られている。
  ●目的・動機
    山口県の一の坂川は、昭和40年度より30年に1回程度生じる可能性のある洪水に対しても、
    安全であるように改修を進めてきました。しかし、その後の台風・集中豪雨による洪水の
    発生状況から、より安全な川とするため改修の計画を見直しました。         



 写真-1 一の坂川  美しい自然環境に包まれた一の坂川の川沿い風景
●具体的な方策
  一の坂川沿いには、桜並木や古い街並がたくさんあるので、
 川を広げたり、深く掘り下げることができません。   
  そこで、一の坂川がもたらす美しい自然環境を守るため、
 上流に一の坂ダムを造り、日照り続きの時にも源氏ボタル
 たちが生息できるように適度の水をダムから流すとともに、
 ホタルや川魚がすみやすいようにホタル護岸を造りました。
  @ ホタルは幼虫期に水中で生活しますが、川の流れの速
    いところではすめないので、木杭や石などによりよど
    みをつくりました。
  A ハヤ、ドジョウなどの川魚がすむために必要な水深を
    確保するため、木杭や石などにより水の流れる幅を狭
    くしています。また、日照り続きの時には、一の坂ダ
    ムから適度に水を流しています。
  B 川底の石の隙間にはセリ、ヨモギなどが生え、ホタル
    や他の昆虫などのねぐらになっています。また、川の
    両岸には、桜並木のほかに柳、さつきが植えられ緑に
    あふれた景色を造っています。
●波及効果
  ホタルは、護岸を造るときに一時的に減少したため、
 沿川の住民と一緒になりホタルの幼虫やホタルのエサ
 となるカワニナを放流したところ、以前にも増してホ
 タルが増えました。               
  現在、一の坂川は、上流に建設された一の坂ダムによ
 り、生息するホタルをはじめ、美しい自然や景観が守
 られ、四季を通じて多くの人々に親しまれています。

 写真-2 ホタル護岸
 ホタルや川魚がすみやすいホタル護岸の状況



メニューに戻る