釜房湖は1970年に完成した釜房ダムによって誕生した湖です。釜房ダムは宮城県仙台市の西方約25km、1級河川名取川の支流である碁石川にあります。 釜房湖畔には国営みちのく杜の湖畔公園などもあり、だれもが豊かな水のある風景を気軽に楽しめるようになっています。

下流より釜房ダム、釜房湖を望む


★国営みちのく杜の湖畔公園
  国営みちのく杜の湖畔公園は釜房湖畔公園から発展し、全国では10番目、東北地方では初めての国営公園として開園しました。事業計画総面積は釜房ダムの湖面390haを含む約650haにも及びます。現在では年間約40万人の人場者があり、湖畔の自然や背後にそびえる蔵王の景色を楽しんでいます。
  現在開園している文化と水のゾーンは83.4haの広さがあり、東北らしさを強調した「文化」と、人間の命を育む「水」をメインテーマとしています。

   主な施設:彩のひろば・湖畔のひろば・ふるさと村 など

彩りの広場釜房湖湖畔
★秋保温泉
  日本三御湯の一つとして兵庫の有馬温泉、愛媛の道後温泉と並び称される秋保温泉。仙台の奥座敷として親しまれる名湯です。
  塩化土類ブローム弱食塩泉,泉温45℃
★秋保大滝
 那智・華厳の滝とともに日本三名爆に数えられる秋保大滝です。高さ55m、幅6mの白い滝と周辺の新緑や紅葉とのコントラストが見物です。今話題のマイナスイオンもたっぷりです。
■釜房湖へのアクセス  地図
釜房湖は仙台と山形を結ぶ国道286号線沿いにあります。
東北自動車道 仙台南インターチェンジより25分
山形自動車道 宮城川崎インターチェンジより10分




ダム湖の旅 インデックスへ


メインメニューへ